親の介護のために、まず福祉に関する情報を集めましょう。

親の介護 情報館(TOP PAGE)

「親の介護」で悩んでいるのはあなただけではありません。社会の高齢化に伴い、多くの子世代が親の介護に携わるようになりましたが、それに伴い、さまざまな介護に関する問題が取り上げられるようになっています。一人で悩んでいても問題は解決しません。福祉に関する情報を集め、何が問題なのか、どうすれば解決するのか、何を利用するか、誰に相談すればよいのかをしっかりと整理しておきましょう。

賢い介護のために、まず情報収集をしましょう!

高齢化社会の影響で増え続ける介護される人、そして介護する人。親の介護は想像している以上に、身体的、肉体的、経済的に大きな負担が生じます。介護する子世代のほとんどは50歳代以上になりますが、その時期というのはちょうど人生の折り返し地点とも重なっており、それが介護に微妙な影を落とすことがあります。

自分を育ててくれた親だから、介護をするのは当然だと思う気持ちと、自分のこれからの人生が親の介護のために犠牲になってしまうのではないかという苛立ちが心の中で交錯し、その葛藤で苦しむケースがたくさんみられます。親を疎ましく思ったり、それが嵩じて、早く死んでしまえばいいのにとさえ思ってしまったり。心の中は、まるで嵐が吹き荒れているような状態になってしまうのです。


こうした介護する人たちの心の動揺というのは、介護をしたことのない人には理解しにくいものかもわかりません。介護には、介護をした人にしかわからない苦しみや辛さがあるのです。そうした苦しみを理解できずに、介護する人の言動に対して強く非難する人もいますが、それは結局、介護する人を追い詰めるだけになってしまいます。理解されない苦しみの中で孤立してしまえば、とんでもない方向にその逃げ道を見つけてしまうこともあるのです。

「親の介護は当たり前」という社会の常識は、介護をする人たちを追い詰めてしまいます。介護する子世代は、まずそうした常識から自分を解き放すことが大事です。介護には限界があることを知ってください。できることと、これ以上はできないということの線引きをうまく行い、自分の手に負えなくなってしまう前に、行政や施設などと連携し、その力を積極的に借りるようにしましょう。福祉の専門家は介護される側と介護する側、それぞれの立場から問題の解決の糸口を示してくれるはずです。


介護で悩み、苦しんでいるのはあなただけではありません。この「親の介護・情報館」を参考にしながら、介護に関するいろいろな情報を手に入れましょう。あなたを救うのは「情報」なのです。


イラスト

イラスト・わたなべふみ

ボテちゃんです。社会福祉士とホームヘルパー2級の資格を持っています。親の介護に悩む方のためのサイトを作りました。お役に立てれば幸いです。当サイトについてのご質問等は下記アドレス宛、メールをお願いします。

メールアドレス

QLOOK ANALYTICS