2013年3月 | 親の介護☆泣くな騒ぐな寿司食いネエ!

2013年3月

子どもに老後を預けますか?

2013年03月01日(金)

夫81歳、妻80歳のご夫婦。昨年5月に仕事の関係でご自宅に訪問しました。夫が心臓に2リットルの水が溜まっていたとかで手術をし、退院された直後でした。夫の様子は「ちょっと足腰が弱っているかなあ」といった程度で、介助してもらわなければ生活できないというというほどではありませんでした。ただ妻は、このまま夫が弱っていくのではないかととても心配になっていたようで、介護保険を申請するとどういうサービスが受けられるのかを盛んに気にされていました。

長女、次女二人は結婚してそれぞれ家庭を持ち、ご夫婦だけで暮らしていたのですが、高齢になって先行きが心配になり、長女一家の住む家の近所に引っ越してきたという事情がありました。体力的にもまだ二人で暮らせる余力が見られましたし、長女がすぐ裏にいるので、何かの時には力になってくれるのではないかと思い、その後特にリアクションを起こすでもなく半年以上の月日が経過しました。

ところがつい数日前、夫が転倒して頭を打ったという電話が入りました。すぐに病院に連れて行ったところ脳の萎縮が始まっていると言われたとかで、それも転倒の一因になっているようでした。状況を伺うと、どうやらアルツハイマーのようです。妻は「おむつを当てなければ排泄を失敗するようになった夫の面倒を、もう見ることはできない」とはっきり言いきりました。「このままいけば私も倒れる。そうならないうちに老人保健施設に入れたい」と言うのです。

裏に住む長女は、この状態になっても他人事のように振舞っており「お母さんのしたいようにすればいいじゃない」と言われたとか。仕事を理由に病院への付き添いも拒否しています。家族の中でどのような事が起きているのかはわかりませんが、ご夫婦はわざわざ思い入れの深かった自宅を売って、娘の傍に転居してくる必要などなかったのではないでしょうか。妻の言うように、住み慣れた土地で、気心知れた友人たちと世話を焼いたり焼かれたりのほうがずっと良かったのかもわかりません。あるいは、割り切って有料老人ホームに入っていたほうが、かえって寂しい思いをしなくて良かったのではないかと思ったりもします。

子どもに老後を預ける・・・その決意ってちょっとした賭けなのかもわかりません。

(Kさん、メールをありがとうございます。共感しながら読ませて頂きました。影ながら応援しています!お体に気をつけてがんばってくださいね。)

親の介護もカネ次第

2013年03月03日(日)

少し前になりますが、読売新聞にニュースキャスターの安藤優子さんが母親の介護について語られているインタビュー記事が掲載されていました。その記事がどこかにないかなあと思ってネットを探していましたら、昨年8月、『婦人公論』でも精神科医の和田秀樹さんと親の介護について対談されているんですね。その対談をちょっと批判めいて書いている記事を見つけました。対談のタイトルは「子どもにできる介護には限界があります」だったそうです。

安藤氏は認知症の母をホームに入所させようとしたのですが、嫌がる母親を見て一度は自分が引き取ることを考えたそうです。しかし、「うちに来ているお手伝いさん」が、自宅介護の厳しさを主張し反対、そこでハッと我に返り、入所を決意したとのこと。

確かにまあ、葛藤はあったと思います。思いますけど~、正直なところ「うちに来ているお手伝いさん」のくだりで、瞬間ササーッと引いてしまったプアーウーマンの筆者でした。介護においては、子どもの肉体的・精神的負担だけでなく、経済的負担も避けて通れない問題です。(中略)介護者になっても自分らしく仕事で輝ける自信はありますか。それが、実の親でなく義父母でも? 介護によって自分のキャリアや自分らしい人生をあきらめたくないならば、安藤氏のようにバリバリ稼ぐしかないかもしれません。


実は読売新聞にも「うちに来ているお手伝いさん」のくだりがありました。そして私も(自称)「プアーウーマン」さんと同じように、ササ~ッと引いてしまいました。親の介護で苦しんでいる方の中には、介護にかかる費用捻出に頭を悩ませている方がいっぱいいます。介護保険で一割負担ならいいじゃない・・・と思うかもわかりませんが、ギリギリの収入で生活している方にとっては一割でもかなりの負担になります。介護度があがればあがるほどかかる費用も大きくなってしまいます。

介護のために離職しなければならず、収入源がなくなってしまったという方もいますし、それどころか、親の年金をあてにして生活しているため、親を施設に入られたら収入源がなくなってしまうというケースもあって、その場合、親の介護にお金をかけなくないという理由で在宅介護になってしまったりします。そこで起きる虐待は深刻です。

安藤さんのように、ハッと我に返る余裕なんてない方がいっぱいいます。読売新聞には、母親が施設で描いている絵を集めて個展を開いてあげた、ということも書かれていました。私の接している介護の現場からは別世界を見ているような話でした。立派に額装されたお母様の絵を手に微笑む安藤さんを見て、(お金がすべてを解決するとは思いませんが)「そういうことなの?」と思った私。なんだかなあ・・・。


QLOOK ANALYTICS