2013年12月 | 親の介護☆泣くな騒ぐな寿司食いネエ!

2013年12月

認知症と夫婦愛

2013年12月02日(月)

家族が認知症になったらどうしましょう。ほんとうにしっかりした人だと思っていた母親が、ある日を境になんとなく混乱した様子を見せ始め、周囲のことがよくわからなくなってしまう。そうなった時の家族の反応は様々で、戸惑や苛立ちを隠せない家族、愛情で包んであげようとする家族、人任せにして知らんぷりしようとする家族など、百の家族があれば百の反応があります。どの家族にもその家族なりの歴史があり、それが今につながっていることが多いので、外からああだこうだと言うことはできません。

T子さんは82歳、ご主人は85歳。T子さん、10年ほど前から認知の症状が見えていたのですが、最近とみにその症状がひどくなり、今では夫の顔もわからなくなっていますし、自分がどこにいるのかもわかりません。ここにきて排泄物を手でコネコネしてしまったり、壁に塗りつけたりするようにもなってしまいました。誰が見ても認知症とわかる症状なのですが、夫は「T子は認知症なんかじゃない」と言い張り、自宅で一生懸命面倒をみようとしています。子供3人はそれぞれ家庭を持って遠くに住んでいますので、介護は夫が一手に引き受けているのですが、高齢でもありもう限界です。見るに見かねてケアマネージャーさんが施設入所を勧めているのですが夫は断固拒否しています。

この美しい夫婦愛はどこまで続くのでしょう。実はT子さん、昔はさぞ美人でかわいかっただろうなあという方。夫は妻のことが好きで好きで今なお愛し続けているのです。だからどうしても離れることができないし、離したくないのです。本当にうらやましい夫婦愛ですが、ケアマネージャーさんにとって、この夫の愛はちょっと厄介なものになってしまっています。妻にとって必要と思われる介護ができないでいるのです。住み慣れた家で最後まで過ごす、そのためにどうするかを考えるのがケアマネージャーの仕事だということは重々承知しているものの、T子さんの場合、夫が一人で家で介護していればいつか限界がきてしまいます。共倒れにならない前になんとかしたい・・・ケアマネージャーさんはそんな思いを胸に奮闘しています。

転ばぬ先の住宅改修

2013年12月08日(日)

高齢になると、ちょっとした段差でもつまづいて転んでしまうことがあります。リビングに敷かれているカーペットに足をひっかけて転倒し、肋骨にヒビが入ってしまったなんていうケースも結構あって、身の回りは危険がいっぱいなのです。高齢者にとっての転倒は「寝たきり」にもつながりますから、絶対に転ばないようにしたいところです。そのためには転ばないための予防策を普段から考えておきましょう。そのひとつが住宅改修です。住宅改修で事故はずいぶん予防することができるんですよ。

介護保険を申請して「支援1」以上になれば、住宅改修の費用も介護保険を使って1割負担で済みます。たとえば、リビングからトイレにつながる廊下に手すりをつけると3万円かかる・・・という場合であれば、費用のうち2万7千円は介護保険から出ますから、残りの3千円だけを負担すればよいのです。介護保険で使える費用は20万円まで。20万円を一度に使う必要はなく、今回手すり取り付け費用に3万円かかったということであれば、残りの17万円は今後必要になった時に使うことができます。20万円までであれば何回でも住宅改修ができるのです。

今回は廊下だったけれど、お風呂も滑って危ないなあということになれば次は風呂場に手すりをつける、トイレの便座からの立ち上がりが辛くなってきたということになればトイレの手すり・・・といった具合です。工事はどこの工務店でもできますし、もちろん近くの大工さんでも引き受けてくれますが、できれば福祉住環境について詳しい工務店に頼んだほうが安心です。手すりの取り付け位置など的確に判断することができるからです。住宅改修したいと思ったら、まずケアマネージャーさんに相談しましょう。


QLOOK ANALYTICS