2014年2月 | 親の介護☆泣くな騒ぐな寿司食いネエ!

2014年2月

介護認定、支援と介護の分かれ目は?

2014年02月08日(土)

要介護認定の申請をすると、市町村から認定調査員が自宅を訪問し、日常生活や健康状態などについてご本人からいろいろお話を伺います。「片足立ちができますか?」なんていう実技編もあります。質問項目は全国共通で、項目に従って質問、チェックをし、結果を持ち帰ってコンピューターに入力し、そこからはじき出された介護度が「一次判定」となります。それから2週間後ぐらいに「審査会」が開催され、医師などを交えた複数の福祉関係者が集まって一次判定結果と判定に至った経緯、主治医の意見書などをもとに討議を重ね、最終的な介護度がはじき出されます。要支援は1と2のみ、要介護は1から5までで、いずれも数字が大きくなるにつれ、より介護度が高くなっていきます。

支援と介護のポイントは、排泄や金銭の出し入れなど、日常生活でどの程度人の手(介助)が必要かということと、もうひとつ重要なキーポイントとなるのが「認知症」です。「嫁さんがお金を盗んだ」となるといよいよ要介護かな・・・。

たとえば「要支援1」では「①居室の掃除や身の回りの世話の一部に何らかの介助(見守りや手助け)を必要とする。②立ち上がりや片足での立位保持などの複雑な動作に何らかの支えを必要とすることがある。③排泄や食事はほとんど自分ひとりでできる。」といったことが認定の基準になります。

「要介護1」では「①見だしなみや居室の掃除などの身の回りの世話の全般に何らかの介助(見守りや手助け)を必要とする。②立ち上がりや片足での立位保持などの複雑な動作に何らかの支えを必要とする。③歩行や両足での立位保持などの移動の動作に何らかの支えを必要とする。④排泄や食事に何らかの介助(見守りや手助け)を必要とすることがある。⑤問題行動や理解低下がみられることがある。」といったことが基準となり、生活する上で何らかの介助が必要になっていることに加え、⑤の、認知症の傾向があるかないかが重要なポイントになっています。

ところが・・・軽度の認知症の場合、調査員の前では元気そうに振舞ったり、案外そつなく質問に答えたりする方がいて、調査員が認知症を見落としてしまうことがあります。認定調査には家族や、必要に応じてケアマネージャーが同席することができますので、認知症が疑われる親などの認定調査にはなるべく同席して、普段どういうことで困っているのか、日常生活のいろいろな場面で遭遇した「ちょっと変かな?」と思うことなどを伝えてみるようにしましょう。支援と介護では受けられるサービスの量がずいぶん違ってきます。充実したサービスが受けられるよう、正確な情報を調査員に伝えてください。


QLOOK ANALYTICS