親の介護は子供の義務なのか、犠牲なのか?

介護の心理は複雑なもの

2013年01月20日(日)

1月15日に80歳で亡くなられた映画監督の大島渚さん。1996年2月、訪英中に脳出血で倒れ、右半身と言葉が不自由になって以来、17年間妻の小山明さんが介護を続けてこられました。

今日の東京新聞には、意識が混濁している大島さんに「私のどこが好き?」と聞くと「全部」と答えたという話が掲載されていました。介護のために女優業を一切退き、介護のためだけに17年を生きてこられた。すごい・・・と思いました。なんて素晴らしい夫婦愛なんだろう、小山さんという女性は強い方なんだなとも思い、母の介護開始後すぐに根をあげた私は自分の弱さをちょっと責めたりしていました。

ところが『女性セブン』(2013年1月13日号)を読んで、人間、そうそう強いものではないのかもと。こんなことが書かれていました。

「小山さんは仕事をすべて断り、介護に専念しました。それまで女優一筋だった彼女にとっては、食事をつくるだけでも一苦労で、徐々に追い詰められるようになり、小山さん自身もうつ病を患ってしまったんです」(芸能関係者)

そして、小山さんはこう言っています。 

「正直いって無償の愛は無理なんです。見返りとはいわないけど、“ありがとう”の一言がほしい。大島は毎日、惜しみなく“ありがとう”といってくれるんです」

仕事と介護の間で苦しまれた様子が手に取るようにわかります。私も思いました、いつまで続くかわからない介護が終わった時、果たして自分に余力は残っているのかしらと。特に40代、50代から介護が始まると、「犠牲になってしまうのではないか」という気持ちが強くなってしまうのかもわかりません。

「ありがとう」というその一言が、そんな気持ちをちょっとだけ慰めてくれたのも事実でした。そして親亡き後、「ありがとう」と言ってくれた気持ちに沿えなかった自分を責めたりして。ほんと、複雑なんです、介護者の心理って。


QLOOK ANALYTICS