母親の介護が精神的に重荷になったため、自ら福祉を学んで社会福祉士の資格を取り、介護に臨みました。

福祉を学んで母親を介護

2011年05月16日(月)

『親の介護情報館』というサイトを立ち上げた、愛称・ポテちゃんです。

ポテは実母の介護を5年間実体験しました。母親とは感情的にあまりしっくりしない仲だったので、介護をしている間も、子供のころから母に持っていたちょっと「憎悪」にも似た複雑な感情や、母の介護を任せきりにして仕事に打ち込む姉への反発などが重なり続け、やがて心の中で消化しきれないほどのさまざまな葛藤に苦しみ、肉体的にも精神的にも追い込まれてしまいました。

姉の結婚を機に(姉は超晩婚!)母を自宅に引き取ってからというもの、1週間一緒にいるだけで息が詰まってしまうようになり、5日おきぐらいに近くの「特別養護老人ホーム」のデイサービスやショートステイを利用しては現実逃避を繰り返していました。福祉に携わる方たちというのはおしなべて若い方が多く(肉体労働ですものね)、そんな私の心の葛藤を受け止めてくる受け皿としては人間的にあまりに未熟な感じがしてしまい、ずっと心を隠していました。

この苦しみから逃れるにはどうしたらいいだろう・・・そう思い続けていたある日、「社会福祉士」も資格を取ってみようという気持ちになりました。福祉ってそもそもなんなんだろう、どうすれば介護する人も介護される人も幸せになれるのだろう。専門的な勉強をすれば、きっとそんな数々の問題にも自分自身の頭で回答が得られるようになるだろうと、そう思ってのことでした。

母を抱えていますから、大学に通学する時間的な余裕はありません。そこで、某大学の社会学部・社会福祉学科の通信教育部に3年編入をしました。通信なら片手間でもいいかなと、そんな甘い気持ちでいたのですが、予想に反してレポートの提出に追われ、夏のスクーリングのために1週間近く家を空けなければないという結構ハードな生活が待ち受けていました。

その間は母をショートステイに預けなければなりませんでした。介護を息長く続けるためには、割り切って福祉施設を利用するべきだという言い訳を作って自分を納得させていたのですが、この選択は、後々深い後悔となって私を苦しめることになりました。

どんな後悔が今私の胸の中にあるのか、介護はどんな問題を抱えているのかを、サイトとブログを通じて介護の最中にいらっしゃっる方にお伝えしてゆければと思っています。「苦しんでいるのは自分だけではない」そう思えるようになると、介護もずいぶん楽になると思います。そうなって頂きたいという期待もこめて、がんばってブログを更新していきますよ~っ!


QLOOK ANALYTICS