老人ホームを全国展開している企業の介護理念

老人ホームの企業化と介護

2012年02月19日(日)

YOMIURI ONLINE 2012年2月14日
 兵庫県警は13日、介護付き有料老人ホーム「はぴね神戸学園都市」(神戸市西区)に勤務していた介護福祉士ら3人を、入所者女性(73)への暴行容疑で逮捕した。女性が3人からの暴行を訴えたのを受け、家族が居室に設置したビデオカメラにその模様が映っており、被害届を出していた。逮捕されたのはいずれも同施設の元職員で、介護福祉士の○○(以下略)

 3容疑者は1月2日、施設内の居室のベッドにいた女性の頬や右腕をたたくなどの暴行を加えた疑い。(中略)女性が昨年末、「(職員から)たたかれる」と訴えたため、家族が今年1月、部屋にビデオカメラを設置して、録画を始めた。その映像には、○○容疑者が女性の歯を磨きながら顔を何度もたたき、「殺すぞ」と暴言を吐いた様子が映っていた。また、○○容疑者が脚が不自由な女性にベッドからはみ出た脚を自力で戻すよう強要し、できないと、「ええと思ってるの。日本語わかる?」と罵声を浴びせる場面や、○○容疑者は携帯を操作しながら片手で女性の服を荒っぽく脱がせていた様子もあったという。

(職員の名前は伏せました。)

なんだかすごい事件ですね。「はぴね神戸学園都市」のホームページを見てみましたら、職員は懲戒解雇した旨が記されていました。このホームの経営母体は「ケアホールディングス(株)」という企業のようで、神戸だけではなく東京、横浜、九州などでケアハウスやホームを経営、かなり大きく事業展開している福祉関連企業のようでした。社長さんは、ワタミの渡辺美樹ふう美男子(って、あまり関係ないですね)。

ワタミもそうですが、介護の企業化って、どうなんでしょう。企業として大きくなることばかりが優先されることで、粗製乱造になりはしないのかという疑問が湧いてきます。大きくなればなるほど会社設立時の理念などが希薄になってしまう可能性があります。企業としての利益をどう上げるかということばかりに目先が行ってしまうからです。(たぶん→)志ある創業者の目も届かなくなり人任せになってしまうわけですから、相当優秀な人材を確保した上で管理体制をしっかり整えないと、こうした問題はこれからも起こるだろうなあという気がします。

今回の事件は、3人の介護士による入所者虐待ですが、3人もの職員が日常的に虐待を繰り返していて、そうした虐待に気がつかなかった、あるいは放置していた施設の体質って、相当劣悪なものだったのだろうと思います。福祉施設に限りませんが、企業って「類は友」だと思うのですよね。「類」の一番の大本となるのは、他ならぬ経営者・・・ということは?


QLOOK ANALYTICS