家族は仮の場、子どもと親は別の人間だと思えば気も楽

親は親、子どもは子ども

2014年03月03日(月)

「○○さんのお母さんと話をすることはできますか?」ある日こんな電話が某施設からかかってきました。その施設にいた息子さんが入院し、今しがた亡くなったというのです。お母さんにその話を伝えて、葬儀のことや遺骨をどうすればよいのか聞いたい、電話をしたいというのです。お母さんは数年前から特別養護老人ホームに入所しており、認知症の上に寝たきり、電話に出ることは不可能です。内容を伝えたところで理解することもできないでしょう。息子さんは長男さんで60代半ば、次男さんもいるはずなのですが行方がわかりません。夫はとうに亡くなっています。特別養護老人ホームの相談員が某施設に事情説明のため電話をしました。

結局、息子さんは無縁仏として葬られることになりました。虚しいですね。生きるってなんだろうとそんな思いにかられました。そしてもっと思ったのが、家族ってなんだろうということです。このケースでは、結婚し、子を産み、育てきた人生が、老いた時には全部チャラになってしまって負の部分だけが際立ってしまっている。築いてきた家庭はすっかり過去の中で色褪せ、そんな事実なんてなかったかのように消え失せてしまっているのですよね。

この仕事をしていていつも思うのは、家族というのは人生の中の「仮の場」でしかないのかもしれないということです。いつか子どもたちは「一人の人間」として自分の人生を歩み始める、その日のために過ごす仮の場、そう思ったほうが気が楽なんじゃないかと、子どもが離れてしまったことを嘆き、もがき苦しむ親の姿を見ているとそう思います。自分の生も死も、結局のところ一人で背負うしかないのかなと。そのためにはもちろん若い頃から、そういう覚悟のもとで生活設計をしておく必要がありますが、人生、時に計画どおりに行かなくなることもあります。潔く生きる・・・最近はそんな言葉がいつも胸の中にあります。


QLOOK ANALYTICS