介護保険を使って家族が介護するには

介護保険は強い味方?

2015年09月06日(日)

Kさんは妻と息子の3人暮らし。妻はいつ行っても「こんにちは」と言うより早く愚痴が始まります。「大変だ、ああ嫌だ、私ばっかり苦労している、お金がない・・・」等々。そんなKさんが心不全を起こして救急車で運ばれ、入院してしまいました。だいぶ前にも心不全を起こして入院したことがあり、それ以後体調をくずし、昼間はごろごろと横になっているだけで、顔には表情がなく私の質問に答えることさえ億劫な様子でした。親戚や民生員が妻に介護保険の申請を勧めていましたが、「介護保険料を払った上に利用料なんかとても払えない」と言って、ずっと申請をしていなかったのです。

ついに外出の時には車椅子が必要なほど足が弱り、妻自身が大変になって、ようやく重い腰をあげて介護保険を申請しました。認定結果は「支援2」。デイサービスを週1回利用するようになり、ようやくKさんの顔に笑顔が見られるようになりました。家に行くと、飼い犬に餌をあげていることもあり、気力が出てきたのかなとほっとしていた矢先の入院でした。入院の日、そのことを知らずに、たまたま用事があって訪問した私に妻は「入院だ、帰ってくれ」と、顔も見ないで犬でも追い払うような仕草をしました。いつものことなので驚きはしませんでしたが、それよりも咄嗟に思ったのは、2週間ぐらい入院した先のことでした。今の調子なら、退院した時には歩けなくなっている可能性があります。

妻は人の話を一切聞かないし、理解することもできないので、仕方なく緊急連絡先になっている息子さんに、退院後の生活について相談したいと電話をしたところ、「てめーら、なんで俺たち家族に余計なことしようとしてんだよ」とすごい剣幕。この息子さんは定職がなく、父親に恨みもあって、面倒を見る気はさらさらありません。それはわかっていたのですが、でもでも、このまま家に戻れば妻の老々介護が始まることは目に見えています。さて、この家族をどうやって支援すればいいのでしょう・・・。

実は、一番の問題点はお金がないことなのです。いくら介護保険を使っても1割の負担は避けられません。おそらく介護度は退院後にはあがるでしょう。介護度があがれば負担する額もあがります。訪問看護、訪問介護、デイサービスなど、いろいろなサービスを使うことでようやく可能になる在宅生活ですが、デイの費用でさえ愚痴のタネだったのですから、これ以上の負担は避けたいと思うに違いありません。もし家では看られないということになっても、施設入所はさらに難しい選択になります。

「お父さんが死んだらお金がどこからも入んないんだよ、どうやって生活したらいいだ。だから死なれたら困るんだよ。」という無年金の妻。なんだか、迷路に入り込んでしまったような気分です。でも・・・私たちは、こうした方たちをなんとか支援しなければならないのです。息子さんの言うように、これは家族の問題であり、家族が解決すればいいことなんです・・・ほんとは。もし私がこういう仕事をしていなければ、「自己責任」という結論だったでしょう。でも、福祉の一端を担う私たちは、こうした問題がなぜ生まれてしまうのか、その根っこから考えて解決に向けて知恵をしぼっていかなければならないのです。


QLOOK ANALYTICS