家族の介護をする男性が急増している

男性の介護者が増えている

2011年09月01日(木)

今朝の東京新聞に、男性の介護者が急増しているという記事が掲載されていました。抜粋でわかりにくいかもわかりませんが、以下のような内容です。

「男性介護者、3割に 周囲の理解、支援必要」

認知症の家族がいる世帯で、男性介護者の割合が急増している。認知症の人と介護家族でつくる「認知症の人と家族の会」(本部京都市)の調査で、こんな傾向が浮き彫りになった。(中略)。男性が「主たる介護者」の割合は、81年8・2%、91年13・5%、99年18・6%と増え、2010年には32・2%に急増した。4分の3が夫で、4分の1が息子だった。同居家族の人数が急速に少なくなっているのが要因だ。認知症の人を含む家族を「2人」とする回答は91年にはゼロだったのに、10年には45・3%に増加。息子家族との同居が減り、息子の妻に介護してもらう人が少なくなる一方、高齢の配偶者や独身の子が一人で介護するケースが増えているとみられる。

(中略)調査で、在宅介護者に介護への思いを聞いたところ「介護を続けたくないが、続けるしかない」と、ストレスを抱えているとみられる回答が、夫は19・9%だったのに対し、息子は36・8%に及んだ。親が認知症で目が離せないため「仕事に出られない」と3割の息子が苦しみ、4分の1が「留守をみてくれる人がいない」と悩んでいた。(後略)

なんだか、男性陣の悲鳴が聞こえてきそうな記事です。主たる介護者の割合が3割強というのは驚きです。高齢化社会になったこと、結婚をしない人たちが増えていることがこうした現象を引き起こしているようですが、これまでは女性が一手に介護を引き受けてきたのですから、男性だって・・・という気がしないでもありません。

で、つい先日首相になった野田佳彦氏の奥様のことを、読売新聞はこんなふうに書いています。

(前略)・・・野田氏が96年10月の衆院選にわずか105票差で落選した頃も、仁実さんは地元の事務所でビラを折り畳み、支援者からの電話を受けるなど、浪人生活を支えたという。近所の主婦(78)は「政治家の奥さんという雰囲気はない。道ですれ違えば、普通にあいさつする飾りっ気がない人」という。家庭では母として医学生の長男(19)と、都内の高校に通う次男(16)を育てる。料理が得意で、クラシックやジャズの音楽をかけながら台所に立つ一方、ここ数年は脳梗塞で倒れた野田氏の父・義信さん(80)の介護もしてきた。

子供を育て、料理が得意で、夫の父親を介護して・・・この記事、私にはちょっと抵抗があります。親の介護をしている妻、それがあたかも「美徳」のように書かれているように思うのです。介護は女性の仕事ではないのです、妻の仕事ではないのです。もちろん男性の仕事でもありません。介護は性差を越えて家族で担うものなのだと思います。

ただ、家族ができる介護には残念ながら限界があります。「家族が担う」だけではなく「社会も担う」といったように、社会の意識も変えてゆく必要があるのです。親の介護をしているという野田首相、さて福祉に対する手腕はどんなものなのでしょう?


QLOOK ANALYTICS