親の介護が必要になって仕事が続けられない

親の介護で仕事をやめる

2011年07月01日(金)

DIAMOND on line(2010年7月1日)に、『「嫁なき時代」に激増する“介護失業”独り身息子たちが悲鳴を上げる「オヤノコト問題」』という記事がありました。「親に万が一のことがあったとき、あなたは仕事を取りますか、それとも介護を取りますか。」という副題がつけられています。総務省の調査によると2006年10月~翌年9月までに介護で離職、転職した人は9年前の約2倍に急増しているのだそうです。アンケート調査では、親の介護が必要になった場合、29%が勤務時間を短縮させてもらう、15%が自分以外の家族に任せる、13%が退職して介護に専念する、9%が介護も可能な他の会社へ転職する、7%が在宅勤務などに切り替えてもらうという結果になっています。すごいですねえ、介護のために自分の人生を・・・と、正直なところ思いました。

晩婚化、非婚化の影響で介護退職者が増え続けているらしいのですが、「仕事」「介護」「家事」が3つ同時に降りかかれば、確かに仕事を続けることは難しいと思います。特に娘の場合は「お母さんは私がいなきゃダメだから」と思いこみ、看病することに自分の存在意義を見出そうとするため、施設を利用するように周囲が勧めても耳を貸さず、挙句、心身ともに疲れ果ててしまうのだとか。特に仲の良かった母親の場合、要介護状態になっても「いい娘」を演じ続け、過剰に頑張ってしまうそうですが、私も母と仲が良いわけではありませんでしたが、確かに「いい娘」を演じようとしていたような気がします。心のどこかで「嘘をついているよなあ」と思いながら・・・。息子はどうかというと「恩返し介護」なんだそうです。親にお返しをしたいといって熱心に世話をする息子が多い(ホントですかね、これ??)。その挙句、仕事と介護の両立できずに「介護失業」、生活保護受給者になる人もいるそうです。

「親を捨てて仕事を取れば悔いが残るかもしれないが、かといって、仕事を捨てて親を取れば自分が立ち直れなくなってしまう。では、どう両者のバランスを取り、どんなスタンスで介護ライフに臨むのか。それは自分次第だ。」と、この文章は結んでいますが、介護をしている時、あるいは介護に直面した時に「介護ライフ」なんていうカッコイイ言葉で、自分の人生を考える余裕なんてありますかねえ・・・。社会福祉士という立場から考えると、この記事の結論は教科書どおりの模範的回答だと思いますが、でもね、「介護ライフ」あるいは「自分次第」という言葉は助言者の逃げなのではないでしょうか。実際の介護現場というのはドロドロで教科書どおりにはいきません。「自分次第」という言い方は「自己責任」という言葉ともたぶんに通じていると思うのですが、それは助言者としては無責任かなあという気がしないでもありません。


QLOOK ANALYTICS