親の介護にかかる費用は誰がどう負担するのか

介護にかかる費用分担

親の介護は誰がするべきなのか、また、介護にかかる経済的な負担は誰が担わなければならないのか。こうした問題をきちんと解決しないまま介護をはじめてしまうと、後々いろいろなトラブルが生じてくる可能性があります。親の扶養義務については法律で定められているように、兄弟姉妹すべてにあります。介護費用が経済的に負担できないという兄弟姉妹に対しては、それに代わる介護への関わり方を探ってもらいましょう。

兄弟姉妹間での費用分担の義務

親の介護は思った以上の労力と時間が必要ですが、経済的にも思った以上の負担がかかることがあります。介護に関するすべての問題は、本来、兄弟姉妹が平等に引き受けなければならないのですが、兄弟姉妹が何人いても、それぞれに家庭の事情があるなどして、平等に負担するということはなかなか難しく、その結果、一人だけに介護負担が重くのしかかってしまうことがあります。そうしたケースでは、長男あるいは長女だから親の介護は当然という考え方が根底にあって、そのため長男・長女が引き受けざるをえなくなることが多いようです。

民法では「直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養する義務がある。」と定めていますから、本来、子供の親に対する扶養義務は、長男・次男や男女の別、結婚の有無に関係なく全員にあります。親の介護は長男もしくは長女の「義務」などということはまったなく、子供全員が平等に負担するべきものなのです。長男が結婚しているケースでは、「嫁」が介護をするのが当然だと思っている兄弟姉妹も多いようですが、「嫁」というのは直系血族でも兄弟姉妹でもありませんから、法律上では介護の義務はありません。


誰が介護をするのか

兄弟姉妹など、親の扶養義務者が複数いるケースでは、誰が親の介護をするのか、誰が扶養するのかが問題になることがあります。法的には順位についての定めはありませんから、当事者同士で、それぞれの個人的事情を考慮しながら話し合って決めることになります。どうしても話し合いがつかない場合には、第三者の調整が必要になることもあります。家庭裁判所に調停を求めれば、それぞれの経済状態や家庭の状況などを考慮したうえで順位を決めてもらうことができます。

介護の義務がある兄弟姉妹等に経済的な余裕がなく、親を扶養することができないといった事情ある場合には、生活保護などの公的扶助を利用することができますから、福祉事務所などで相談してみてください。    


介護にかかる費用負担

親の介護は、自宅で介護をする方法と施設などに預ける方法がありますが、それぞれに一長一短があります。自宅での介護なら、親は肉親に囲まれて生活することができますし、また細かい配慮を受けることもできますから、その点では安心です。ただし介護をする側から考えると、自由を拘束されたり、肉体的・精神的に辛い状況に追い込まれる可能性がありますから、介護には限界があるということも念頭に入れておく必要があるでしょう。また、通常の介護に必要な経費の他に、バリアフリーなどを配慮した住宅改装のための費用が必要になることがありますから、経済的にも負担がかかることがあります。

施設などの利用は、介護をする側の負担が軽減されることがなによりのメリットと言えるかもわかりません。介護保険をうまく利用することで経済的な負担も最小限に抑えられることができます。ただし、介護保険だけでは満足のいく介護を期待することは難しく、それなりのサービスが必要だということになると、多少の介在的負担は覚悟しておく必要があります。介護にかかる費用の負担については、あらかじめ兄弟姉妹の間でしっかり話し合っておくことが大切です。話し合いがつかないということであれば、家庭裁判所に調停を依頼し、確約を取り付けておくようにしましょう。


イラスト

イラスト・わたなべふみ

ボテちゃんです。社会福祉士とホームヘルパー2級の資格を持っています。親の介護に悩む方のためのサイトを作りました。お役に立てれば幸いです。当サイトについてのご質問等は下記アドレス宛、メールをお願いします。

メールアドレス

QLOOK ANALYTICS