親の介護についての公的相談機関と私的相談機関

在宅介護の相談機関

親の介護についての悩みは、一人で悩んでいてもなかなか解決するものではありません。福祉関係の相談機関を積極的に利用して、問題解決の糸口を探ってみましょう。ここではさまざまなタイプの相談機関をご紹介しています。どの相談機関も介護に詳しい専門家が常駐していますから、まずは相談をしてみましょう。

地域包括支援センター、社会福祉協議会

・地域包括支援センター
現在お住まい区市町村にある役所の健康課や福祉課などには、福祉相談の窓口である「地域包括支援センター」が併設されています。ここでは、介護の相談を受け付けていますから、介護のやり方や介護保険のこと、どこに相談してよいか分からない心配ごとや悩みごとなど、介護に関する悩みについての相談は、まずこの「地域包括支援センター」にご相談することをお勧めします。福祉に関する専門のスタッフが、高齢者やご家族などの保健・福祉、介護などに関する相談を受けつけており、相談の内容に応じたサービスの提示、あるいは制度に関する情報提供や関係機関への紹介が行われます。

・社会福祉協議会
各区市町村にある「社会福祉協議会」は、地域福祉を担う社会福祉法人という位置づけになっています。住民の会費と寄付、助成金等によって運営されていて、公的な福祉サービスの内容の説明やボランティアの紹介、福祉用具の説明など、福祉全般について、社会福祉士などの専門家が幅広く相談を受け付けています。


高齢者総合相談センター、民生委員

・高齢者総合相談センター
ほとんどの都道府県には「高齢者総合相談センター」が設置されており、「シルバー110番」として、高齢者やその家族が抱える福祉、保健、医療から法律、年金等に関わる心配ごと、悩みごとに対する電話相談を行っています。相談は電話の他、面談や文書などでも可能ですし、費用は一切かかりませんので気軽に利用してみましょう。高齢者総合センターへは、プッシュ回線の電話であれば、#8080でつながります。つながらない場合は各自治体にお問い合わせください。

・民生委員
民生委員とは厚生労働大臣から委嘱され、市町村の各区域に配置されている世話役のことで、住民の立場に立ってさまざまな社会福祉に関する相談に応じ、必要な援助を行う役割を担っています。行政機関と提携し、介護が必要な高齢者やひとり暮らしの高齢者などの家を訪ねて、安全確認と生活支援、地域住民の福祉に関する相談に応じています。


国際長寿センター

厚生労働省の助成を受け、介護にあたる家族の悩みを受け止めるための「介護支え合い相談」を実施しています。電話相談員は、相談者の話を聴き、1)相談者と同じ立場で介護の悩みを共有する、2)相談者が求めているものを的確に掴んで対応する、3)介護や医療に関する最新の情報を正確にわかりやすく伝える、4)問題解決の道筋を一緒に考える、といった役割を果たすための研修を受けており、電話相談ならではの介護者支援を目指しています。 フリーダイヤルで相談に応じてくれます。

フリ-ダイヤル 0120-070-608(月~金 10:00~15:00)


老人ホーム、その他

・老人ホーム
在宅での親の介護が困難になり、これ以上継続することが不可能になってしまったという時には無理をせず、老人ホームなどの施設で、専門家の手に介護を委ねることも考えてみてください。ホームには「養護老人ホーム」「軽費有料老人ホーム」「有料老人ホーム」「特別養護老人ホーム」などがあります。心身の状態や、経済面などによって利用できるホームが違ってきますので、それぞれのホームを見学して状況を把握してみると良いでしょう。それでも迷ったときには、各ホームに相談してみましょう。

・クレジット会社
その他にも意外なところで、福祉関連の相談に乗ってくれるところがあります。たとえばクレジット会社のダイナースクラブでは、会員やその家族限定で介護に関する相談サービスを行っています。介護保険制度についての質問や、在宅介護や施設介護について、専門のアドバイザーが質問に応じています。


イラスト

イラスト・わたなべふみ

ボテちゃんです。社会福祉士とホームヘルパー2級の資格を持っています。親の介護に悩む方のためのサイトを作りました。お役に立てれば幸いです。当サイトについてのご質問等は下記アドレス宛、メールをお願いします。

メールアドレス

QLOOK ANALYTICS